はれのひ土曜のおひるすぎ

あしたがお休みで何も予定が入っていないくらい充実感のある寂しさ

『何かを始めるのに遅すぎるということは無いんだ』『マジすか』

『何かを始めるのに遅すぎるということは無いんだ』
確か漫画「ROOKIES」の川藤先生の言葉です。僕はこの言葉に何度も励まされました。そして色々な遊びに手を出しては途中で飽きて辞めてしまうことを繰り返しています。飽き性なところは特に自分で悪く思ってはいません。その性格のおかげでいろいろな遊びを経験することができています。

たしかに「いまさら始めてもなぁ・・・」という気持ちで何も行動を起こさないよりは、何も考えずにとりあえず始めて見たほうが経験できることは多くなります。しかし、その始める「何か」をお金をもらって生活していけるだけのレベルまで高めることを考えるとどうでしょうか。それが僕の今の悩みです。

最初に書いた通り僕は飽きっぽい性格です。なので1つの仕事を一生続けていくことはできない人間だと思います。しかしだからといって一生「この仕事飽きたから次の仕事」なんてことができるのでしょうか。率直に言って雇われる立場でやっていくことを考えると不可能だと思います。例えば、ぼくが採用担当者だったとして、定年退職の年齢の人が「未経験ですけどがんばってスキル磨いていきます!」と言われても採用するにはかなり勇気がいることでしょう。なので「飽きっぽいから次の仕事」方式で生きていくためには雇われることを諦める必要があります。自分でビジネスを立ち上げることを考えると、自分で自分を採用すればいいので、確かに何歳になっても始められると考えられます。となると、ビジネスとしてお金をもらって生活していくための「何か」を持つ必要があります。

でも、僕にはお金をもらえるほどの「何か」はありません。だからいまからその「何か」を頑張って練習してお金を貰えるほどまでに高めたいと考えています。前回、プログラミングスクールに興味を持ったことを書きましたが、「何か」の一つが、前回書いたプログラムのスキルと考えています。プログラムのスキルを万能に考えるのは危険ですが、プログラムのスキルは便利な道具を作るためには持っていて損はしないものと考えています。

さて、『何かを始めるのに遅すぎるということは無いんだ』ですが、「ビジネスとしてお金を稼ぐまでに高められるスキルを得るために始める」と考えると、確かに遅すぎることはありません。始めるかどうかを決めるのは世の中のニーズと自分のやる気次第です。ただし、周りから見れば「あいつは夢ばかりみてしっかりと働いていない」とか「いい歳していいかげん落ち着いた生活を・・」といった印象を持たれます。何も結果を出していないのですから仕方ありません。また男性の場合は、女性にとって「収入のない男」という印象を持たれますので、多分結婚相手の候補からは最初に外されるでしょう。それに耐えられるのであれば何歳からでも何かを始めることは正しいことだと思います。

まとめると、雇われるのではなく自分でビジネスとしてお金を稼ぐために何かを始めるのに遅すぎることはありません。ただし、結果を出すまでは社会的な印象はよくありませんし、結婚の望みも薄くなります。それでもやりたい何かがあるのであれば何歳からでも始めるべき、ということになります。自分で書いててなんともしっくりきませんが、いまのところ僕の考えとしてはそんなところでしょうか。